キャッシングやカードローンについての情報を発信していきます

お金が足りない時はどうする?

001 キャッシングについての基礎知識

審査の申し込みから借入金の振込までの流れ

投稿日:2016年4月8日 更新日:

998db2ccce254b794a7f3bfdfcd5bccb_s

いざお金を借りるときに、何をどうすればいいの??と途方にくれるかもしれませんね。
まずやるべきことは、借りるべき金額をはっきりさせることです。お金が急に必要になった切迫した状態だと意外に本当に借りるべき金額の把握ができいないこともあります。いったん落ち着いて、必要な金額を算出しましょう。

借入すべき金額がわかったなら、まずやるべきことはほとんどのキャッシング事業者で用意している10秒査定などの簡易査定で借りられるかどうかを確かめることです。簡易審査は一般的に年齢、年収、勤務形態、借入金額くらいの情報で融資の可否がわかるようになっています。簡易審査はWebからできますので数社のホームページで融資の可能性を確認してみることが第一歩です。

その次は、審査に正式に申し込むステップです。必要な書類は免許証やパスポートなどの本人確認書類と給料明細や確定申告書などの収入証明書が必要となる事業者がほとんどです。借り入れる金額が少額なら、収入証明書が不要な事業者もありますが本人確認書類は必須です。正式に審査を申し込むと指定信用情報機関に借入審査に申し込んだという履歴が登録されます。もし審査に落ちた場合でもその履歴は残ってしまいます。

申込が完了すると、キャッシング事業者が審査を始めます。審査の方法は事業者ごとのノウハウや規程に基づいて進んでいきます。勤務先への在籍確認などが必要な場合はそれなりの時間がかかる場合もありますが最短で30分で審査の可否の連絡があります。可否の判断が難しい場合は追加の資料の提出やキャッシング事業者から質問があったりします。

審査が終了して融資が可決されると、融資の実行に移ります。むじんくんなどの自動契約機での申し込みなら融資が可決されるとその場で現金を手に入れることができます。Web完結の事業者の場合は指定口座への振り込みで融資が実行されます。

-001 キャッシングについての基礎知識

Copyright© お金が足りない時はどうする? , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.