キャッシングやカードローンについての情報を発信していきます

お金が足りない時はどうする?

001 キャッシングについての基礎知識

返済が遅れた時の対処法

投稿日:2016年5月3日 更新日:

272386

返済期日に返済が出来なったら、どうすればいいの?
入院や突発的な事情でATMに行けなくて、期日までに返済できなくなったら、まずすることは金融業者に電話することが大切です。返済する意思があることを伝えれば、返済猶予や返済額の減額措置をとってくれたりすることもあります。一番やってはだめなのは、金融業者からの電話に出ないことです。
延滞をすると当然デメリットはたくさん発生します。まずは遅延損害金、これは返済を約束した金額に満たない部分に年率20%の違約金が発生します。
次に延滞している間は当然新たな借り入れはできなくなります。
延滞が長期間になると、金融ブラックとして信用情報に登録されてしまうことです。数日程度の1、2回の延滞なら問題ありませんが数か月間返済を滞らせると金融ブラックになります。ブラックになると他の金融業者に行っても新規の契約はできませんし、住宅ローンなどの申し込みにも大きくマイナス点になります。

返済を行わないで放置していると、ハガキなどの文書による通知が来るようになり、一括返済を求められ、さらには給与などの差し押さえが実行されることになります。

繰り返しになりますが、返済が遅れるようなら金融業者に連絡すること、金融業者からの電話を無視しないことが大切です。

-001 キャッシングについての基礎知識

Copyright© お金が足りない時はどうする? , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.